押麦の主な効能と特徴

押麦は、昔ながらの麦と比べると火が通りやすくなっていて、歯ごたえも固すぎることがない特徴があります。麦は栄養は豊富なのですが、収穫してから食べられるようにするまでは手間がかかるものです。今は最初から潰してある麦が販売されているため、消費者は白米に混ぜて炊飯器で炊くだけで麦飯を作ることができます。af9920059163l

麦には、実に豊富な種類のビタミン類が含まれていますが、特に重要なのがビタミンB1です。かつては脚気を予防するために麦飯が重宝されていました。麦飯には、人間のエネルギー源として重要な炭水化物も含まれています。ビタミンB1の重要な働きは、炭水化物をエネルギーに変えるための手助けをすることです。麦飯は炭水化物とビタミンB1を同時に摂取できる主食で、極めて優れた疲労回復効果があります。

麦飯に含まれる栄養分は、疲労回復ドリンクなどの原料になるものばかりです。また、便利を予防するために必要な食物繊維もバランスよく含まれているのも特徴です。慢性的な便秘で困っている場合は、主食を白米から麦飯に変えるだけでも大きな効果を実感できるはずです。麦飯には歯ごたえが白米よりもあるため、よく噛んで食べて満腹感を得られやすいという利点もあります。