便秘に効果的なワケ

最近、ダイエットや美容効果があると注目されている人気の押麦って、一体どんなものでしょう。

 

じつは、精白した大麦や燕麦を蒸したのち、食べやすく押しつぶして乾かしたものです。食物繊維が豊富で、水溶性と不溶性をバランスよく含んでいます。また、たんぱく質やミネラル分も多く含まれています。麦とろごはん等にしようされる最もスタンダードな麦が押麦です。つるんとした固めの歯ごたえと麦独自の香りが人気で、女性に多い便秘症の方やダイエット中の方にもおすすめです。栄養成分の特徴としては、白米と比較して食物繊維を約19倍、カルシウムを約3倍多く含んでいます。また、大麦に含まれる水溶性の食物繊維には、β-グルカンという成分が含まれています。押麦が腸で消化されると、含まれていたβ-グルカンの粘度が高くなって、ネバネバの状態になります。このネバネバが余分なエネルギーや余分な栄養素の吸収を抑えてくれます。血糖値上昇抑制作用や脂肪や血中コレステロール値の抑制作用があると言われています。

 

また、β-グルカンのネバネバが有害物質を吸着して、体外へ運ぶ役目もしてくれますので、デトックス効果も期待できます。さらには、腸内の善玉菌の栄養源にもなるので、押麦を食べることで善玉菌が増え、悪玉菌の増殖が抑えられ便通がスムーズになるというワケです。

コメントは受け付けていません。