押し麦で簡単ダイエットメニューをつくろう

麦は食物繊維が多いので、腹持ちが良く、ダイエット中にはありがたい存在です。
便通が良くなるので、その分体重も減少します。

 
まず、そのまま利用するレシピとしては、スープの実として加熱する料理がいいようです。
例えばお弁当に持っていくスープをあげます。
保温タイプの容器に熱湯とコンソメスープ又は、顆粒だしの素、押麦、ピーラー等で非常に薄く切った状態の野菜を入れてよく混ぜます。(量はお好みで調節します。)
お昼に食べる頃には麦粥のようなあっさりとしたスープが出来上がっています。
野菜もたくさんとれるので、カロリーが低くてもお腹がいっぱいになり満足感があるでしょう。
ただ、これでは普段のおかずとしてバリエーションがなく、飽きてしまいます。
そこで、お湯に入れて、蓋をし、10分から15分位蒸らしてからの方が、おかずとして利用しやすいようです。
ぷちぷちとした食感の柔らかい状態になっているので、ざるにあけ、水気を切り、具として利用します。
朝食でしたら、このようなレシピはどうでしょうか。

 
生野菜と一緒に盛り付け、サラダとして食べる。
みじん切りしたゆで卵(もしくは、ツナ缶)とマヨネーズであえ、塩と胡椒で調味して、サンドイッチの具にする。
食物繊維がたくさんとれます。

 
夕食でしたら、食感を利用してひき肉の代用として使うのはいかがでしょうか。
ハンバーグを作るのに、いつもよりひき肉を半量にして、代用する。
ハンバーグだけでなく、肉団子、ミートローフ、ロールキャベツなど。
ひき肉は脂肪が多い部分なので、カロリーオフにもつながり、ダイエット中には最適です。
味付けの邪魔をしないので、使いやすいです。

 

コメントは受け付けていません。